スポンサーリンク

投資信託とは何ぞや?

皆さんは投資信託していますか?
私はやっています。
銀行や郵便局でも投資信託が出来ますので、聞いたことぐらいはあるのではないでしょうか?
でも、よく分からないとか、難しそうなどの意見はあると思いますが、投資信託は投資の中でも初心者向けの金融商品となっています。

それでは詳しく説明します。

スポンサーリンク

そもそも投資信託って?

投資信託とは投資者からお金を集めて、運用のプロ(ファンドともいいます)が株・債券などを運用する金融商品のこと。

ざっくり言ってしまえば、「あなたの代わりにプロが運用してお金を増やしますよ」ということ。
投資は難しく、分からないことも多い。
そのような面倒なことは運用のプロにやってもらいましょう!

これが投資信託だ

そのため、投資初心者の方も手を付けやすいものとなっています。

投資信託のメリット

少ないお金で始められる

株などを始めようとしても結構なお金(安くで購入できるものもありますが、少なくとも10万程度は欲しい)が必要となってきますが、投資信託は少ないお金からでも始められます。

最近は100円からスタートできる(主に証券会社)のもありますので、お試し気分でやることも可能です。

いろいろな投資信託スタイルを選べる

株もやりたいが債券もやりたい、でもいろんなものに手を出せるお金もない。
そんな欲張りさんにも投資信託はおススメ。

ファンドによって投資スタイルは様々、例えば株を中心に運用したり、株と債券を半々に運用したり、世界各国の株・債券・リートなどをバランスよく運用したりなど、いろいろな方法で行われいます。

え、むしろ沢山ありすぎて、どれを選べばいいか分からないからデメリット?

プロが運用

先ほども言いましたように、投資に対する難しい知識や手法が乏しくても、プロが代わりに運用してくれます。
日本株は分かるけど、言葉の壁や情報取集がやりにくい他国の株については、その道のプロにお願いするという手もあります。

現に私は、日本株は自分でやって、米株関連は投資信託で運用しています

投資信託のデメリット

他の金融商品と比較して現金化できるのが遅い

株やFxなどはすぐに現金化できますが、投資信託は解約して現金が支払われるまで時間がかかります。
現金が欲しい場合は前もって受け渡し日を確認(普通は2~3日程度)する必要があります。

いろいろと諸経費がかかる

プロに任せる以上、手数料・信託報酬(プロに払う報酬)などの諸経費が発生します。
この諸経費のせいで無駄金を払ったりして、投資信託の価値が上がらないこともありますので要注意。
これが嫌だから「投資信託はクソ」と言う投資家もいます。

元本割れを起こす

プロと言えども元本割れを起こす時もあります。
投資をやる以上、元本割れのリスクは覚悟しないといけません。

多種多様な運用方法があるためハイリスク、高手数料なものも存在する

いくら投資の知識が乏しいからとはいえ、銀行員などのおススメされる投資信託を安易に選んではいけません。
おススメされるものは大体リスクが高いものや高手数料の銘柄が多いです。
騙されないためにも最低限の知識は身につける必要はあります。

まとめ

投資信託は少額で始められることができて、プロが運用するので、投資初心者はもちろん、投資歴が長い人でも利用する金融商品となっています。
もちろんプロが運用するからと言ってもメリットだけではなく、デメリットも存在しますので注意が必要です。

投資はあくまで自己責任です

 

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました