スポンサーリンク

積立Fxの結果

皆さん、こんにちは。
Twitterで毎週日曜日に積立Fxの結果を公表していたのですが、11月で完全撤退しました。
アフリカランドが期間46週、トルコリラが41週で終了。
なぜ急に撤退したのか。
プラスになったから?それとも損切?

そのことについてデータをまとめましたので解説していきたいと思います。
なお、積立Fxの詳細な設定は下記の記事に記載していますので、知らない方は読んでみてください。

スポンサーリンク

アフリカランドの結果

スワップ結果

アフリカランドの最終的累計スワップは2,600円程度、月5,000円の購入でこれだけのスワップが貰えるのなら非常に儲かるのでは?と思われるかもしれませんが、現実は甘くはありません。

リターン結果

見てください、この糞なリターンを。
46週中プラスになっていたのは10週分だけ、残り36週分はマイナスです。
それにプラスリターンの最高値が7.5%程に対して、マイナスリターンの最高値は18.5%程度と明らかにマイナスの方が大きい結果となりました。
リターンがマイナスになるのはもちろんランドの価値が下がっているためです。

トルコリラ

スワップ結果

トルコリラの最終的累計スワップは5,400円程度、アフリカランド以上のスワップを得ています。
流石は一番の高金利、これならリターンは期待できると思われるかもしれませんが、やっぱり現実は甘くはありません。

リターン結果

こちらもやっぱり糞リターン。
41週中プラスになっていたのは18週分だけ、残り23週分はマイナスです。
プラスリターンの最大値は4.5%程度、マイナスリターンの最大値は21.5%程度と非常に割に合わない結果となりました。
こちらもマイナスリターンになる理由はトルコリラの価値が下がっているから。
例え高金利だとしても、それ以上にトルコリラの価値が下落しているのです。

総括

最終的にアフリカランドとトルコリラはプラスリターンになった瞬間にすべての通貨を売却しました。
その額は数百円程度なので、マイナスになるよりはマシかなという状態です。
グラフから見ても分かるように、これ以上続けたところで収益が上がる可能性は低く感じており、どうせやるなら積立投資信託にお金を回した方がまだリターンは期待できます。
積立投資信託の結果も公開していますので、ぜひ読んでみてください。

とりあえず、積立Fxは今回で終了予定です。
もう少しいい方法が思いついたら復帰しますが、それまでは当分お休み。
それと次回は積立Fxが向いていない理由をより深く掘り下げた記事を作成したいと思います。

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました