スポンサーリンク

週間経済情報 2月4日~2月10日

1週間の間に起きた経済の出来事をまとめとして書きます。
更新は毎週日曜日ですが、今回だけ月曜日。
今回は2019年2月4日~2月10日について

スポンサーリンク

はじめに

1月30日からストップ安が始まったサンバイオ(4592)、最終的に4回連続ストップ安。
もうズタボロ状態。

しかし、2月5日から反転して上昇。
投資の神様も降臨しました。

36万株って・・・
まさに神々の遊び(;^ω^)
とりあえず、サンバイオのマネーゲーム大会はいつまで続くのか。
こんな危険なものに私は参加しません。

それとシベールでもマネーゲームが発生。
ストップ高が2回も出てタワーが出来ていましたが、その後倒壊。
高掴みをした人は可哀そうに。
本当に一獲千金を夢見る人が多いこと。

負けた時の代償は大きいですぞ

株式市場について

今まで好調だったダウ平均株価が後半になって落ちてきました。
お得意の中国との貿易摩擦と言われていますが、本当かよ。
アナリストや評論家は適当な事ばかり言っているような気がします。
株なんて予想や期待、思い込みで動くものですから何かしらの理由を入れたいのでしょうね。

そして何故か被害を受ける日経平均株価・・・
アメリカや中国以上に被害を受けるのは何故?
Twitterでも書いたように日本はアメリカみたいに我が道を行くことはせず、他国にすり寄ってばかりだから他国の影響を受けるのではないか。
日本がアメリカみたいに「我が道を行く」ことなんて、それは無理な話か。

個別株について

1月にお年玉としてTwitterで総額1億円をプレゼントした前澤社長のZOZO(3092)。

半年間で株価が60%も下がっている。
ここも一時的なお祭り状態だったみたいですね。
今週、前澤社長が本業に集中するため、Twitter休止を宣言、一時的に株価は上がりましたが、結局2月8日は1670円の最安値。
これからZOZOはどうなってしまうのでしょうか。

そして、もう一つ注目すべき株はレオパレス21(8848)。

こちらは完全に不法行為による株価下落。
何が起きたかといいますと

①2018年5月にテレビ番組「ガイアの夜明け」でレオパレス21の建築基準違反を指摘。
②レオパレス21は速やかに調査をして、改善・対応すると約束。
③とこらが2019年2月に「ガイアの夜明け」でこの問題の続報が放送、調査も対応も全く行われていなかったことが発覚。
④挙句の果てに現場判断でやっており、経営陣は全く知らなかったと言い出す。まさに政治家の「秘書が勝手にやりました」状態。
⑤結局、建物の改善のため1万人以上の入居者に引っ越しを要請。
⑥これでレオパレス21のオーナーや入居者は大激怒。株価が下がる。

本当にふざけていますよね。
この時期に引っ越しとはかなりやばいでしょうに。
トップがアホだったためにその尻ぬぐいを社員がやるはめになってしまいました。
かなり大きな問題になってしまったために、レオパレス21は今後生き残ることは出来るのでしょうか。
株価は8日に1回目のストップ安を出しており、次週もまた出ると私は予測しています。

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました