スポンサーリンク

週間経済情報 3月18日~3月24日

1週間の間に起きた経済の出来事をまとめとして書きます。
更新は毎週日曜日。
今回は2019年3月18日~3月24日について。

スポンサーリンク

はじめに

今週前半は比較的平和な状況が続いていたのですが、後半から各指数が悪化し、為替や株などが大きく下落を起こすという事態が発生。
特に理由なく下がるのは本当にやめていただきたい。
私の積立Fxが赤字ですぞ。

為替について

まずは米ドル円から

見事に2段階で下がっており、原因はどうやら「逆イールド」なるものが発生したらしいです。
逆イールドとは何ぞやと思われる方もいるかもしれませんが、私もよく分かりません。
どうやら米債券市場で一部の期間で長期金利が短期金利の水準を下回ることから市場関係者が金利が下がると予想したらしいです。
要は景気が悪くなりそうだから円買いが発生し、ドルが下がったのか?
ちなみに下がったのはドルだけでなく、他の通貨も円の価値が上昇したために下がっています。

それならかなり迷惑極まりない

そして一番酷いトルコリラ。
相対的に円が上昇したことに加え、トルコ中銀が突然の金融政策を引き締めに転換
さらにトランプ大統領がゴラン高原に対する発言にトルコのエルドアン大統領が反発し、これにより対立の懸念が生じると見越してトルコリラが下がる。

本当に余計な事ばかりしてくれる
それとも今が買いか?

Twitter上ではやっぱり、各通貨の下落によりダメージを受けている方々が多いですね。
やっぱりFxは難しいよ。

自分が今やっているトルコリラは積立なのに-15%だったぞ

株式について

週の最後に-400ドル越えと大きく下がりましたが、所詮1.77%程度。
今年2番目の下げ幅みたいですが、今までもこのようなことはありました。
これは大きく下がったと言えるのか?
下がった原因はどうやら欧州の製造指数が市場予想を下回ったことにより、今後は世界経済や米国企業の業績に悪影響が出るとの見方から売りが殺到したらしいです。
勝手に期待して、期待が外れたら売りに出す。
本当に意味が分からん事をしてくれますね。
また他の理由として、米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利上げを見送る見通しを示したことで、米国内外の経済成長の鈍化が予想よりも深刻な可能性があるとのこと。

また予想かよ、いい加減にしろ

さて、今のところ被害を免れいる日経平均株価。
どうせ、月曜日にダウ平均株価を追うような形で下がるんでしょ。

知ってる、知ってる。

個別株について

以前のサンバイオに続き、今週はエーザイがやらかしました。

株価急落の原因はアルツハイマー病試験薬「アデュカヌマブ」の臨床試験を中止すると発表したことによるものです。
サンバイオと全く同じ状態。
金曜日に1回目のS安になりましたが、サンバイオと同じ道を辿るなら数回のS安は覚悟しておきましょう。
バイオ株は怖い、怖い。

そして、何故かそのとばっちりを受けたオンコリスと窪田。
来週は他のバイオ関連にも波及するのか注目です。
手を付けない方が無難ですが、それとも一獲千金を狙いたいですか?

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました