スポンサーリンク

週間経済情報 4月15日~4月21日

1週間の間に起きた経済の出来事をまとめとして書きます。
更新は毎週日曜日。
今回は2019年4月15日~4月21日について

スポンサーリンク

はじめに

今週は大きな出来事もなく比較的平和な週でしたが、来週から遂にゴールデンウィークが始まり10連休で日本市場はお休みモードに入ります。

10連休は今まで経験したことが無いのでどのようになるかは不明、連休始まる前に株が売り出されるのではないかと言う憶測が優勢な感じです。

実際どうなるかは来週になってみないと分かりません。
皆さんはどう思いますか?

★下落傾向のトルコリラ&来週の付与日数
★日経平均ついに22000円越え
★サンバイオ再びヒャッハー!

為替について

下落続きのトルコリラ

高金利(25%)で人気のあるトルコリラなのですが、経済ニュースでは毎週続落の情報しか出てきません。
今週も「19日、トルコリラは対ドルで続落。年初来安値を更新。1月31日の年初来高値から12%以上の下落」とこのような情報ばっかり。

とりあえず、今週のチャート(トルコリラ/円)を見てみましょう。

下がってると言えば下がっているのですが、値動きが小さいのでよく分かりません。

そこで年単位のチャートを見てみましょう。

見事な下り坂となっております。
2015年1月は50あったものが4月には19.21になっており、60%以上も下落。
高金利ではありますが、4年で60%以上も下落しているので稼いだスワップが吹っ飛んでいますね。
金利が高いと言ってもこんなに下がってしまったら意味ないです。

私のトルコリラ積立Fxも赤字が拡大しています

来週の付与日数が激熱!

Twitter上で「来週の付与日数が熱い!」とのツイートがちらほらと見受けられたので、ちょっと確認してみました。

日本が10連休に入りますので、付与日数が凄いことになっています。
これを利用して来週は買いが入るのかな?
Twitter上でもいろいろな手法を利用して利益を上げようとしている人が多いみたいですが、一体どうなるでしょうか。

株式市場について

今週は特に大きな出来事も無かったダウ平均株価。

チャートもほとんど動きがありません。

一方、日経平均株価は

遂に22000円代を超えたものの、その後はほとんど値動きなし。
アメリカの動きに合わせて日経平均株価は動きますかので、アメリカに何もなければ日経平均株価も動きません。

来週から日本はゴールデンウィークに入ります。
株価がどう転ぶのか。
ネット上で言われているとおりに売りが殺到するのか。
それとも意外や意外、値上がりするのか。
今週は嵐の前の静けさということで値動きはほとんどありませんでしたが、来週はどうなるか楽しみ。

本音としては上がって欲しい(切実)
下がったら何か株を買おう

個別株について

先週、再生細胞薬「SB623」が厚生労働省から「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定されたことにより、株価が上昇したサンバイオ(4592)。
しかし一回上昇しただけで、その後ほとんど動かなかったので「先駆け審査指定を受けてもパンチ力は弱いのでは?」と疑ったのですが、今週株チャートが大きく動きました。

17日にサンバイオから「SB623」の臨床試験結果が発表され、以下に重要なところを抜粋した内容を記載します。

●SB623投与群46名、コントロール群15名の合計61名の被験者で行われ、統計学的な有意差を認めた。
●新たな安全性の懸念はなかった。
●サンバイオ社長より、「製造販売の承認申請を2020年1月期(2019年2月~2020年1月)中に目指す」とのこと。
※出典:2019年4月17 サンバイオIRレポート「ブリッジレポート」より

臨床試験の結果が非常に良かったことにより再度株価が上昇、サンバイオ祭り状態となっております。
いいニュースが続いておりますので来週も株価が上がりそうな予感。

でも、次の臨床試験でまた失敗だったら・・・
前回の新薬もあと少しのところで中止になりましたからね。

SB623もどうなることやら

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました