スポンサーリンク

週間経済情報 4月22日~4月28日

1週間の間に起きた経済の出来事をまとめとして書きます。
更新は毎週日曜日。
今回は2019年4月22日~4月28日について

スポンサーリンク

はじめに

ついに入りましたゴールデンウィーク。
10連休の長期休みに入るため、為替では付与日数が激アツとなりスワップを沢山得た方も多いのではないでしょうか。

日経平均は売りが殺到するのではないかと言う憶測が広がっていましたが、特に問題なく金曜日が終了しました。
しかし、株主優待を信用取引で得ようとする欲張りさんに逆日歩の制裁は起きています。

★結局、スワップ11倍dayでも為替は大損!?
★日経平均株価は警戒中
★逆日歩の制裁
★大迷惑なフラッシュ・クラッシュ

為替について

今週、スワップ11倍dayがあったものの為替チャート見てみると

結局、為替チャートは下がっております。
これでは11倍dayの恩恵は吹っ飛び、赤字です。

米ドルとトルコリラは25日にスワップを露骨に取りに来ている

その中でもトルコリラが完全に罠、11倍day後に19円を割っていまして、ただいま18.67付近。
前回も言いましたが、トルコリラは4年間下がり続けていますので、20円に戻る日は来るのでしょうか。

Twitter上でも11倍dayを喜ぶ声よりも「損した」との声が多いです

株式市場について

今週も特に大きな出来事も無かったダウ平均株価。

トランプ大統領が大人しいと基本的に株価が動きませんので、週の初めと終わりは一緒ぐらいの株価となっております。

一方、ゴールデンウィークに入る日経平均株価は

こちらもそこまで動かず。
連休前に暴落するのではないかと言われていましたが、結局は何も起きていませんので皆さん警戒しているのかもしれません。

個別株について

逆日歩制裁

今週は4月の株主優待権利確定日がある週でしたので、優待を何としてでも取ろうとする欲張りさんが出現して、逆日歩の制裁を受けることになりました。

●伊藤園第1種優先株式(25935)
お茶メインの飲み物セット1500円相当が22000円●テンポスホールディングス(2751)
お食事券8000円相当が21120円

●東和フードサービス(3329)
お食事券1500円相当が15840円

なぜ制度信用取引までしてでも優待が欲しいのか。
逆日歩の危険性があるというのに何故悲劇が繰り返されるのか本当に謎です。

割高メロン

それと逆日歩ではないのですが、毎年悲劇が繰り返される優待株があります。
それがこちらのベルグアース(1383)。

毎年、4月にメロン4000円相当が貰えるので非常に人気がある株なのですが、権利確定日前後に大暴落することで有名。

今回、23日2655円だった株価は24日2365円となり-290円、メロンは100株からですので29000円の損ということなります。
その後も下がり続けているので、クソ高いメロンとなってしまいます。

正直、この株は4月中旬までに売る方が儲かる

ゴールデンウィークにフラッシュ・クラッシュが起きる?

Twitter上で、ゴールデンウィークにフラッシュ・クラッシュが起きるのではないかと言う憶測が広がっております。

フラッシュ・クラッシュとは
株や為替相場が突然大きく動く現象のこと。市場参加者が少ないとき(長期連休など)に起こりやすい。

この現象は今年の1月にも起きています。
知らない方は下の記事を参照して下さい。

フラッシュ・クラッシュの原因はコンピューターのご乱心なので、どのタイミングと規模で起きるか分からないので非常に厄介。
今回は10連休という前からの告知もあり、投資家の皆さんも警戒しているので、起こる確率は低いと言われています。
もし、起きたらコンピューターをしばきましょう。

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました