スポンサーリンク

週間経済情報 8月19日~8月25日

1週間の間に起きた経済の出来事をまとめとして書きます。
更新は毎週日曜日。
今回は2019年8月19日~8月25日について。

スポンサーリンク

はじめに

今週の金曜日、またまた大事件発生。
アメリカが8月の頭ぐらいに中国に対して追加関税をかけると宣言した後、中国もアメリカに対して制裁関税を宣言しました。
その事に対して、トランプ大統領は激おこ。
報復措置として更に追加関税をかけると宣言。

まさかの倍返しだ

そうなるとやっぱり、各方面の経済指数に被害が出ております。
報復宣言は金曜日の日本マーケット終了後に起きたことなので、日経平均がダメージを受けるのは週明けでしょうね。

月曜そうそう嫌なものを見ないといけないのか

★トランプ大統領、中国に対して倍返しだ!
★各経済指数に被害、日経平均は週明けに被害を受ける可能性大
★5%以上の配当利回りランキング
★番外編、ジブリの呪いとは

株式市場について

アメリカと中国のイチャイチャがヒートアップ。
その結果、アメリカが中国に対して更なる追加関税をかけると宣言。
そんなこと言ったら、世界中のマネーゲームしている投資家どもが売りに出しますよ。
ということで金曜日はダウが大幅値下がり。

機関投資家ども、もう少し我慢強くなれよ(# ゚Д゚)

トランプ大統領の追加関税発表は金曜日の日本のマーケットが閉まってから起きたことなので、まだ日経平均はその影響を受けていません。
他国の影響に巻き込まれることに定評のある日経平均です。
月曜日のマーケット開始直後から大幅値下がりが起きると思いますので、諦めましょう。

為替について

ダウが大きく下がれば、そのお金たちは安全資産と言われる円に逃げていきます。
その結果、ドルが下落。
まさに教科書どおり。

全くもって嫌になる

個別株について

2019年8月25日現在、アメリカと中国のイチャイチャによる間接的な被害により株価が下落中。
下落するという事は当然配当利回りが高くなることを意味しています。
そこで配当利回りランキング5%以上を一挙公開。

なんと現段階で配当利回り5%以上の銘柄は100を超えており、6%以上は13銘柄もあります。
しかし、これはあくまで現段階であって、もしかしたら減配される可能性も十分にあります。
1位のマクセルホールディングスが20%の配当をくれるとは到底思えません。
なので、あくまで参考程度ですね。
それと日本株はまだトランプ大統領の追加関税の影響を受けていません。
となると、来週はさらに株価が下がり、利回りは更に上昇する可能性があります。

個人的にはJTが気になります。
本当に7%近い配当をくれるのでしょうか?

ジブリの呪いとは?

ちょっとコラム的な話として、皆さんはジブリの呪いって知っていますか?
ジブリってあのトトロやもののけ姫、ラピュタなどのジブリです。
実はこのジブリ、金融市場と意外なジンクスがあるみたいです。

金曜ロードショーでジブリが放送されると株価が大荒れを起こす確率が高い

2010年1月から2013年7月までに、ジブリ作品は24回放映されているが、そのうち2/3近い回数で放映日翌日以降の最初の取引日には株価が下落しているとのこと。

この文章はウィキペディアから引用したものです。
まさかのウィキペディアにジブリの呪いが書かれているのは驚き。
ちなみに今週の金曜ロードショーで放送されていたのは「崖の上のポニョ」。
まさかの呪い発動です。
金融市場関係者はジブリが放送予定だと警戒するとみたいですが、果たして本当に呪いは実在するのでしょうか。

皆さんはジブリの呪いを信じますか?

よろしければ応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 投資ブログへ
タイトルとURLをコピーしました